2005年11月27日

私の頭の中の消しゴム

watagom.jpg

8.5点

建設会社の社長令嬢のスジンは、天真爛漫なお嬢様。建築家志望のチョルスとコンビニで運命的な出会いをし、二人はすぐに恋におちてしまった。温かい家族に囲まれて育ったスジンと違い、チョルスは孤独に生きてきた男だったが、スジンの献身的な愛に結婚することを決意。二人は晴れて新婚生活を迎える。建築士の試験にも受かり、幸せいっぱいの二人だった。しかし、スジンはある時から、物忘れがひどくなり、自分の家への道順すら忘れてしまうようになった。病院で、スジンは若年性アルツハイマー症だと診断される。

監督・脚本 : イ・ジェハン

出演 : チョン・ウソン
ソン・イェジン
ペク・チョンハク

(以上、goo映画より抜粋)


良かったです。
オーソドックスな、ともすればベタな作りなんですが、ベタも貫き通すとひねくれ者を涙させたりするもんなんですね。
序盤の出会いのシーンのシチュエーション、中身含めてのチョルスの二枚目っぷり、チョルスの出世っぷりあたりは「上手く行き過ぎじゃ!」とか思っていたんですが、あらどうでしょうクライマックスでは素直に感動しちゃってましたよ。

怒涛のように押し寄せるベタだけではなく、ちゃんと小技も仕込んであります。
最悪にネタばれになるので、見たい方だけ追記を見てください。

とはいえ、見たのが一ヶ月くらい前なので、細かい点は忘れちゃってるんですよね。
見たらすぐ書けばいいんですけどねぇ。

この映画は男が見ても感動しますが、どちらかというと女性向かも。
カップルで見に行ってもいいんじゃないですかね。

個人的好き度はある程度ですが、多くの人を感動させられる作品なんじゃないでしょうか。
なんたって良質なベタですから。


以下は映画を見てない人でも解るように、わざわざシチュエーションの説明まで付けているので、絶望的にネタバレです。
(この映画はお奨めなので、見る予定の人はネタバレ見ないでください)
続きを読む
posted by すっしー at 18:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

久しぶりに書き込むのに人のブログの紹介ですよ

みなさんこんにちは。
さっそく半月ほどブログにブランクを空けたすっしーです。
根気ってどっかに売ってないですか?。

僕は「映画の精神医学」というメルマガを貰っていす。
内容はいつも面白いのですが、読まないで捨てる確立が70%越えてしまっています。
繰り返しますが、根気ってどっかに(略)。

本日ついさっきさらっと読んでいたのですが、
『読者の凄い解読  (ネタバレ)』というコーナーで
菱沼康介さんの「ティム・バートンのコープス・ブライド」に対する考察が転載されていました。
なんとなく読んでみたらこれがすごい!。
この作品を見ていないのですが、それでもこの文章には引き込まれました。
俺はこういう映画の見方がしたくて、こういうレビューが書きたいんだな、とも思いました。
書けるかどうかは別として。

勝手に引用して非常に申し訳ないですけども、
>そして、ヴィクターは二人の彼女のために、自分意思で武器を取る。
>それは剣では無く、三叉のフォーク。

のあとに続くくだりなんか、最高ですよ。
考えすぎだとしてもいいですよ、ここまでかっこいい文章になるなら(たぶん当たっているし)。
名前に対しての考察もお見事です。


さらに、上までの文章を書いてから先日見た『チャーリーとチョコレート工場』のレビューが、菱沼康介さんのブログにあることに気付き読んでみました。
またびっくりですよ。
ウィリー・ウォンカが子供たちを招待した本当の理由、チャーリーの行動の真意。
僕は気付きませんでした。そして菱沼康介さんの考察は合っていると思います。
正直、俺は映画の何を見ているんだとちょっとへこむくらいです(苦笑)。

なんか激賞してしまいました。
ちなみに菱沼康介さんのブログのアドレスはこちら。

http://blog.goo.ne.jp/monndori


ネタバレOKな人は、読んでみることをオススメします。
posted by すっしー at 13:22| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。