2007年12月31日

自虐の詩(ネタバレあり)

自虐の詩02.jpg

こちらではネタバレありありで、自虐の詩の映画化にあたり、
原作の欠点を上手く補ったなと思った部分を語ろうと思います。

原作の欠点は二点あります。
それは…。


(以下、ネタバレ注意!)









続きを読む
posted by すっしー at 19:59| 東京 ☀| Comment(27) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自虐の詩

自虐の詩.jpg

goo映画による紹介
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD11213/

87点

江頭2:50氏の素晴らしい映画批評を見て、
1/4の公開終了(23区内での)の前に駆け込みで見てきました。
良かったです。期待通り。
なかなか優れた映画化だと思います。
まず、キャスティングがとても素晴らしいです。
阿部寛、遠藤憲一は文句なし!。この二人以外もう考えられないです。
中谷美紀と西田敏行は、実際の内容は素晴らしいんだけど、
原作と外見が違いすぎるよ(笑)。
でも原作のことを考えなければこちらも満点だと思います。

原作の、幸江と過ごす時間の長さが産み出す重みは感じられないけれど、
その分映画ではいくつかのエピソードへ焦点を合わせ、膨らませることによって、
解りやすさ、伝わりやすさを創り出せていると思いました。
全体的に軽妙で見やすい映画だと思います。
ただ、途中までは大きな動きがなく、エピソードの羅列っぽいところがあるので
少しだけ退屈を感じる可能性もあるかも。
イサオが喋り始めてからはもう、怒涛でしたね。
切ない切ない(涙)。

しかし、人間三十余年、下天のうちを比ぶれば、自虐の詩が胸に染みけりですね。
二十歳の頃はこの映画の最後の言葉がここまで胸には染みなかったと思うな。
これから見る人は、決してエンドロールの途中で席を立たないように!!!。


ところでこの映画で、どういう点が原作の欠点を補い優れていたか、
ネタバレ満点で別に書いてみようと思います。
そっちは未見の人で内容を知りたくない人は見ないでくださいね。
posted by すっしー at 19:57| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。