2006年03月12日

KANについてちょっとだけ書いてみた

「KANニューシングル カレーライス」という記事にいただいたコメントに返信をしようとKANさんについて書いていたら、なんか止まらなくなってきました(苦笑)。
ながながとコメント欄に書くのもあれですので、独立して記事にしようと思います。

KANといえばその詞・曲の良さが最初に浮かびます。が、僕は音楽について書くの苦手なんで割愛ということで流してみたり。

次に思い出されるのは、1999年のライブツアーで見たウェディングドレスですね。
KANは俺が脱帽して裸足で逃げ出しながら白旗を上げつつ、仰向けに横たわり前足を曲げて腹部を見せるという(犬の)服従のポーズを取ってしまうくらい、面白い人です。
話も面白ければ文章も面白いし、ライブが終わった後の会場は、上記のポーズを取った観客でいっぱいになります。キモいですね(笑)。
とにかく、いろいろな手法で観客を喜ばせてくれます。
1999年の、結婚直後のライブツアーのときは、バンドメンバーを含めた五人の男がウェディングドレスで登場してました。
その後のインタビューでなぜあのような格好をしたのか?と聞かれたときにKANは、
「せっかくだから。一生に一度しか出来ないものだから」と答えていました。
それは男のセリフじゃねーよwww。
このときが初めて見たライブだったので、とにかく衝撃的でしたね。
そして今までのライブもすべて見たくなりました。
がんばって生産中止になっていたビデオを集めた日々が懐かしい…。

先日聴いた新曲から、俺の中のKAN熱が沸々と高まってまいりまして。
KAN熱というと、ラッサ熱とか、なにかの熱病みたいで怖いんですけど、高まって来てしまったようです。
ということで、なんとなくスルーしていた公式サイトを見てみることにしました。
あんまりしっかり出来ているので驚きました。
あと金曜コラムが面白い。まだ5.6個しか読んでいないですが、最高です。
北村龍平監督がKANファンだったと言うのは驚きですね。
今度北村監督の映画にKANさんが出られるそうですが、監督自らの発案でオファーしたそうです。

以前にファンクラブ的存在であった「北青山イメージ開発」も、「北青山イメージ再開発」として再結成(再起業?)しているようなのでさっそく社員になりました。

これからの活動もなまあたたかく追い続けようと思います。
posted by すっしー at 13:14| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ、私のコメントのすぐ翌日にコメント頂いていたんですね。有難うございます。

いやあ、ライヴ、そんなに面白いんですか。
僕も、見たいな。いくらでも服従のポーズをするので。
Posted by 親指トム at 2006年03月26日 02:14
あ、他事考えながら書いていたら、下記を書き忘れた(笑)
公式サイトしっかりしてますよね。
北村監督の映画に出るっていうのは、驚きだな。見てみたい。
Posted by 親指トム at 2006年03月26日 02:18
親指トムさん、どもです。
いつもお世話になってます(^_^)。

そういうような演出のライブは、KANのライブツアーメンバーで編成された「ヤン嶋田とニューブリーフ」というバンドとともに行われていたんですが、ここ数年はその編成でライブが行われることもないんです。ちょっと残念なところですね。
だからあのような、歌えば最高なくせに格好は女装とか、スティービー・ワ○ダーの格好で出てきて、「どうも。イメージゲストのスティーブ・椀田です」って言ってスティービー・ワン○ー調の、それでいてちゃんとKANな曲を歌いだすとか、そういうライブはもう以前に発売されたビデオでしか見れないのかもしれないですね。おれも実家にあるから今見れないけど。

俺は実は北村監督の作品自体を見たことが無いので、これはちょっと見ておこうかなとも思いますね。
たしかトムさんは「VERSUS」がお好きだったと思いますが、他の人からあまりいい話は聞いてないかも(笑)。
Posted by すっしー at 2006年03月27日 00:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。