2007年12月18日

バタフライ・エフェクト

バタフライ・エフェクト.jpg

レンタルDVD 吹替え鑑賞
75点



【あらすじ】 goo映画より引用

幼い頃から度々記憶を失っていたエヴァンは、治療のため日記をつけ始める。
13歳の頃、エヴァンは幼なじみのケイリーたちと悪戯をして大事故をひき起こすが、
その瞬間も彼の記憶は空白だった。
やがてエヴァンは引っ越すことになり、虐待傾向のある父と乱暴な兄
トミーと暮らすケイリーに、「迎えにくる」と伝え残す。
時が経ち、大学生となったエヴァンは、記憶を失うこともなくなっていた。
しかし、昔の日記を見つけた時から、エヴァンの意識に変化が起きる。

【感想】
面白かったです。
最終的には、とっても切ない映画でした。
映像特典に、アナザーエンディングが二つ付いてます。
監督のコメントで「このエンディングはない。今までの話からエヴァンが
何も学習していないことになるからだ」と言っているんですが、
当時とは状況も違うんだし、アナザーエンドのような展開でも良かった気もするなぁ…。

わりと残酷でショッキングなシーンもありますが、
不思議で切ない物語を見たい方にはオススメ。
続編は死ねる出来だという噂なので見る予定はありません。
posted by すっしー at 00:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。