2006年02月13日

ホテル・ルワンダ

hotel_ruwanda.jpg

9点

あらすじ

フツ族とツチ族の間で続いていた内戦が終息、和平協定が結ばれようとしていた1994年、ルワンダの首都キガリ。外資系高級ホテル、ミル・コリンの支配人ポールは、近くフツ族の民兵によるツチ族の虐殺が始まるという噂を耳にする。やがてフツ族大統領暗殺の報道がなされ、フツ族が武器を片手にツチ族を襲撃し始めた。フツ族のポールは、ツチ族の妻・タティアナと息子たち、そして隣人たちを守るため、ホテルに匿うのだが……。

監督 テリー・ジョージ

出演 ドン・チードル
ソフィー・オコネドー
ニック・ノルティ
ホアキン・フェニックス

(以上、goo映画より抜粋)

あらすじを補足すると、主人公ポールはまったく武器を持たないホテル内の人間を、ホテルのすぐそばで虐殺を続けている民兵から守るために、ありとあらゆる手を尽くします。超一流ホテルマンである自らのコネを最大限に生かし、有力者たちに泣き付き、今生の別れを告げて揺さぶり、賄賂を贈り、それこそ、出来ることのすべてを尽くして自分たちの生命を守ろうとするのです。
なにもしなければフツ族である自分は殺されずに済むというのに、家族を守るため、自分を頼ってきたツチ族たちを守るため、民兵たちに憎悪されながらも戦うのです。
これ以上の内容は、ぜひ劇場でご覧になってください。


感想
(以下文中で映画内と同じ表現でツチ族を表すことがありますが、当然映画自体と同じように、差別の意図はまったくありません)

見ると心が打ちのめされます。重い話が苦手な人は避けるべきです。
一面でこの映画はポールの英雄譚ではあります。
しかし、その英雄譚の舞台では、百万に及ぶ大虐殺が実際に行われてしまっています。
ポールが、虐殺映像を撮ってきたカメラマンに向かって言った「これを世界に配信してくれれば世界各国が救援を向けてくれるでしょう」と言う言葉に、カメラマンは苦渋の表情で返答します。「世界の人々はあの映像を見て──“怖いね”と言うだけでディナーを続ける。」

ここまでさらけ出すのもなんですが、僕は良く考えた末で、「俺には本格的なボランティアは出来ない。出来ない以上身近な人間だけ幸せにすることに全力を尽くせばそれで良い」
そういう考えを持っています。
しかし、この虐殺の事実を見て、「“怖いね”と言うだけでディナーを続ける」人間の一人なんだということを突きつけられて、胸が、苦しくなりました。
考えを曲げることも出来ませんが、言い訳さえ、いっさい浮かびません。

以下、長くて重くてあまりネタバレでない感想と、ネタバレで簡単で軽い感想という順で続きます。ネタバレ嫌な人は文末の方は見ないでね。

続きを読む
posted by すっしー at 02:21| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

30だけどなっ

はいっ、三十路に突入しました。
突入してから一週間くらい経ってるんですが、それについて今頃書いてます。
俺にしちゃ早いな。

続きを読む
posted by すっしー at 00:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

鈴木祥子『鈴木祥子』について

suzukishoko.jpg

(長文注意!。まじめな文章注意!。笑えない文章注意!)

こんにちは。すっしーです。
突然ですが、僕は音楽を言葉にするのが苦手です。
いきなり鬱陶しい自己出張ですいませんw。
でも音楽を上手く表現できる言葉を持っていないんですよね。
あそこの○○がいいとか、あれは△△の影響があるよね、とか、言えないし書けないんです。知識がないもので。
だからブログにもあまり書けないんです。
感想とか書いても、某終身名誉監督っぽい言い回しになってしまうわけです。
「あそこで、アレがぐぁーっと来てさ。そこでソレがどばーっと出てくるからすごいよな!!。解る?。ちょっと掛布君バット振ってみて!」みたいな。岡田だっけ?あのエピソード。
ま、野球の話はいいとして。
その前提の上で、卑怯にも音楽的な視点とはまた少し違う角度から、鈴木祥子さんの新作アルバム「鈴木祥子」についてちょっと語ってみたりしようと思います。

鈴木祥子さんを知らない方のために、少しだけ説明をします。
パブリックな詳細はぐぐっていただくとして(手抜き)、要点は、数年前にメジャーを離れインディーズで活動しだしていること。
そしてずっとライブ活動をしてシングルを出していて、今回、2006/01/25に5年ぶりのアルバムを発売したことです。

一度聴いてみたいなと思われている方は最適なpodcastがありますので以下リンクをどうぞ。初めての人に俺が薦めるのは、大人し目では「忘却」、激しいのでは「Love/Identified」です。

http://www.voiceblog.jp/wonderground/

こっから先は、鈴木祥子を知らない人にはあんまり興味ない話だと思います。続きを読む
posted by すっしー at 02:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

休日と俺とエビフライ

今日は休みだったので10時半まで爆睡。
起床とともに用意をして、開店間際のご贔屓のラーメン屋に行く。
欣家ってとこなんですが大好きですここ。
休日で用の無い日は、起床から欣家か中本で朝飯を食うまでが恐ろしいまでオートメーション化されています。
先日なんか朝気がついたらラーメン食ってる途中だったよ!(嘘)。
ま、しかし、太るわけですな…。

その後家に帰って掃除をする。つもりでゲームボーイウォーズアドバンス1のキャンペーンモードを始める。
一時間後、洗濯機を回しながら、

(怠惰な休日の)続きを読む
posted by すっしー at 03:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

アブなんとかにも手を出してみたりして

はい、どーも。
やっぱりブログを放置状態にしているすっしーです。
中学時代の校長先生の「継続は力なり」という言葉を思い出します。
当時から嫌いだったなこの言葉w。

今日からフィットネスクラブに通ってみたりしています。
実は三年前に半年ほど通った挙句、
『公園走って、安い公営プールに行けばよいではないか』と豪語して
辞めていたんですが、まぁ走りゃしないわけですよなかなか。
自転車も最近乗ってないし、そのくせ昔に比べるとラーメンとか
すごい食べるようになってしまっているので、すくすくと育ってしまっているのです。お腹が。
もうなんていうか、あたしって妊娠してるのかしら(推定一ヶ月)というくらいになってきたので、腹を決めて再入会してみました。

続きを読む
posted by すっしー at 02:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

私の頭の中の消しゴム

watagom.jpg

8.5点

建設会社の社長令嬢のスジンは、天真爛漫なお嬢様。建築家志望のチョルスとコンビニで運命的な出会いをし、二人はすぐに恋におちてしまった。温かい家族に囲まれて育ったスジンと違い、チョルスは孤独に生きてきた男だったが、スジンの献身的な愛に結婚することを決意。二人は晴れて新婚生活を迎える。建築士の試験にも受かり、幸せいっぱいの二人だった。しかし、スジンはある時から、物忘れがひどくなり、自分の家への道順すら忘れてしまうようになった。病院で、スジンは若年性アルツハイマー症だと診断される。

監督・脚本 : イ・ジェハン

出演 : チョン・ウソン
ソン・イェジン
ペク・チョンハク

(以上、goo映画より抜粋)


良かったです。
オーソドックスな、ともすればベタな作りなんですが、ベタも貫き通すとひねくれ者を涙させたりするもんなんですね。
序盤の出会いのシーンのシチュエーション、中身含めてのチョルスの二枚目っぷり、チョルスの出世っぷりあたりは「上手く行き過ぎじゃ!」とか思っていたんですが、あらどうでしょうクライマックスでは素直に感動しちゃってましたよ。

怒涛のように押し寄せるベタだけではなく、ちゃんと小技も仕込んであります。
最悪にネタばれになるので、見たい方だけ追記を見てください。

とはいえ、見たのが一ヶ月くらい前なので、細かい点は忘れちゃってるんですよね。
見たらすぐ書けばいいんですけどねぇ。

この映画は男が見ても感動しますが、どちらかというと女性向かも。
カップルで見に行ってもいいんじゃないですかね。

個人的好き度はある程度ですが、多くの人を感動させられる作品なんじゃないでしょうか。
なんたって良質なベタですから。


以下は映画を見てない人でも解るように、わざわざシチュエーションの説明まで付けているので、絶望的にネタバレです。
(この映画はお奨めなので、見る予定の人はネタバレ見ないでください)
続きを読む
posted by すっしー at 18:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

久しぶりに書き込むのに人のブログの紹介ですよ

みなさんこんにちは。
さっそく半月ほどブログにブランクを空けたすっしーです。
根気ってどっかに売ってないですか?。

僕は「映画の精神医学」というメルマガを貰っていす。
内容はいつも面白いのですが、読まないで捨てる確立が70%越えてしまっています。
繰り返しますが、根気ってどっかに(略)。

本日ついさっきさらっと読んでいたのですが、
『読者の凄い解読  (ネタバレ)』というコーナーで
菱沼康介さんの「ティム・バートンのコープス・ブライド」に対する考察が転載されていました。
なんとなく読んでみたらこれがすごい!。
この作品を見ていないのですが、それでもこの文章には引き込まれました。
俺はこういう映画の見方がしたくて、こういうレビューが書きたいんだな、とも思いました。
書けるかどうかは別として。

勝手に引用して非常に申し訳ないですけども、
>そして、ヴィクターは二人の彼女のために、自分意思で武器を取る。
>それは剣では無く、三叉のフォーク。

のあとに続くくだりなんか、最高ですよ。
考えすぎだとしてもいいですよ、ここまでかっこいい文章になるなら(たぶん当たっているし)。
名前に対しての考察もお見事です。


さらに、上までの文章を書いてから先日見た『チャーリーとチョコレート工場』のレビューが、菱沼康介さんのブログにあることに気付き読んでみました。
またびっくりですよ。
ウィリー・ウォンカが子供たちを招待した本当の理由、チャーリーの行動の真意。
僕は気付きませんでした。そして菱沼康介さんの考察は合っていると思います。
正直、俺は映画の何を見ているんだとちょっとへこむくらいです(苦笑)。

なんか激賞してしまいました。
ちなみに菱沼康介さんのブログのアドレスはこちら。

http://blog.goo.ne.jp/monndori


ネタバレOKな人は、読んでみることをオススメします。
posted by すっしー at 13:22| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

零 〜赤い蝶〜

akaichou.jpg

8点。

ハード  : PS2
メーカー : テクモ

いやー、こんなに怖いゲーム始めてやりました。
僕は本来、リアルホラーには弱いですがバーチャルホラーにはかなり強いんです。
つまり、どんなに腰抜けと呼ばれても心霊スポットには行かないけど、どんなに怖いと言われている映画でも深夜に一人で電気消して見れたりする人なんです。作り物って、しょせん作り物ですからね(心無い発言)。
まぁそんな冷めた俺でも、このゲームにはビビリました。

もともとジャンル的に、ゲームはホラーに向いていると思うんです。
ゲームが映画に勝る点で、主人公と鑑賞者の同一性があります。
映画やドラマでは、ドリフで「志村、後ろ後ろー!」と叫んでも志村けんが後ろを振り向かなかったかのごとく、鑑賞者が内容に介入できません。
しかしゲームは、プレイヤーが操作をしない限り、後ろから迫る怨霊にとり殺されてしまうわけです。
突発的な危機に対して、劇中の人物ではなく、鑑賞している自分自身が対応しなければならない。
それが大きな恐怖感を呼び起こすわけです。

同じ恐怖作品である「サイレント・ヒル2」と比べると、日本的恐怖に特化しているところに零の長点があると思います。
永遠の夜が続き、外界への出口は遮断され、呪いが始まった「大償」の日の虐殺を怨霊たちが永遠に再現する村。
そこに迷い込んだ双子の少女がいかにして脱出しようとするかというストーリー。

舞台は(おそらく)明治初期の排他的な山村。襲い掛かってくる和服の亡霊。
見え隠れする、呪いの原因となった秘祭・「紅贄祭」の失敗と、それによる「大償」の発生。
「紅贄祭」の生贄として捧げられる運命の「双子巫女」。
精巧な日本人形に死霊がとりついた「躯」。
潜入した民俗学者が消息を絶つまでに綴り続けた、調査手記。
日本のゴシックホラーがてんこ盛りです。

さらに怨霊の中には、自分が死んだことにも気付いていない子供もいて、悲しみを感じたりもします。
千歳は戦っててマジで辛いんですけど。あまりにもカワイソス・・・⊃д;

そして恐怖の演出が抜群に上手い。
ヘッドフォンを付けながらだと、耳元で囁き声がするから四倍怖い。
怨霊が出てくれば戦闘シーンになるんですが、何度かは本気でドキドキしながら戦いましたね。
まー、負けて殺されると後味の悪いこと悪いこと。
打ち勝つとスッキリしますけどね。

戦闘シーンは「射影機」という除霊効果のあるカメラで怨霊を撮影することによりなされます。
興味のある方は以下リンク先の一番下にある動画を見てみてください。
…怖いですけどね(笑)。

http://www.tecmo.co.jp/product/zero2/syaeiki2.htm

ゲームの紹介は、リンク先の公式サイトにもうお任せするとして、
忘れもしない10/16にこのゲームをついにクリアしたんですよ。



しかし、



そこで、





思いもしないような恐怖が私を襲うこととなったのです………(いや、マジでマジで)。

あ、軽めですがネタバレを含むのでこのゲームこれからやる方は見ないほうがいいかもです。
続きを読む
posted by すっしー at 15:35| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

この胸いっぱいの愛を

konoai.jpg

2006年。子どもの頃に過ごした北九州に、出張で向かった比呂志は、自分が1986年にタイムスリップしていることに気づく。同じ飛行機に乗り合わせたヤクザの布川、影の薄い男・臼井、盲目の老婦人・朋恵も同様にタイムスリップしていた。旅館を営む祖母に預けられていた20年前のその日、自分が火事を起こしていたことを思い出した彼は、旅館の台所に駆け込み、間一髪のところで火を消し止める。このことをきっかけに、20年前の自分自身“ヒロ”と同じ部屋に居候することになる比呂志。旅館に住むことは、ずっと忘れられない初恋の人“和美姉ちゃん”との再会も意味していた。

監督・脚本 : 塩田明彦
原作 : 梶尾真治
出演 : 伊藤英明 ミムラ 吉行和子 愛川欽也

(以上、goo映画より抜粋)

3点。

物語全体としては、感動できるいい話です。
ただ、いくつか気になるところがあって、それが感情移入を妨げてしまったところがあるかもしれません。
まぁその気になるところを書くとネタバレするんですが。
なので内容は後に取っておいて。
現在(大人)の自分と過去(子供)の自分が同時に存在する、面白いシチュエーションが良かったですね。
二人の心の交流が、俺としてはヒロインとの交流よりも胸が温かくなりました。

しかし、俺と同じ、細かいところまで気になる人には、この映画はオススメできません。

(注・全部書き上げてみたら、結構な毒になりました。この映画好きな人は見ない方がいいかもしれません)

以下はネタバレです。今回はかなりネタバレです。

続きを読む
posted by すっしー at 16:57| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

シカゴ 9点

cicago.jpg


1920年代のシカゴ。舞台スターを夢見るロキシー・ハート(レニー・ゼルウィガー)は「有名にさせてやる」と言った男に騙されたことを知り、怒りのあまり男を殺してしまう。留置場へ送られた彼女はそこで憧れのスター、ヴェルマ・ケリー(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)と遭遇。実はヴェルマはコンビを組んでいた実の妹を殺して捕まり、伝説のヤリ手弁護士ビリー・フリン(リチャード・ギア)を雇って弁護して貰っていたのだ。それを知ったロキシーもさっそくビリーに弁護を頼むのだが…。

監督 : ロブ・マーシャル
原案 : ボブ・フォッシー
出演 : キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
レニー・ゼルウィガー
リチャード・ギア

(以上、goo映画より抜粋)


自分がミュージカルが好きなんじゃないかという疑問に見事に答えてくれました。
とにかく楽しい。映像がきれいで、音楽が素晴らしくて、その二つが即応し合いながら素晴らしい「ショー」を見せてくれます。
ストーリーの扱いは普通の映画より軽い気がします。
なぜなら、ストーリーさえその「ショー」のための一要素であり、もっとも堪能すべきはその「ショー」自体なわけですから。
かなり夢中になりました。
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「ムーラン・ルージュ」「ブルース・ブラザーズ」「ヘドウィグ・アンド・ジ・アングリーインチ」と好きだったので、そうではないかとは思っていましたが、この映画を見て確認できました。
俺はミュージカルが好きなようです。

続きはネタバレを含みます。でもネタバレとかあんまり重要な映画じゃない気もしますけども。


続きを読む
posted by すっしー at 20:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。